陽だまりの子

Child In The Sun

五色の山 - 序

 東には草繁る青い山、南には赤く燃え盛る赤い山、西には白く輝く金の山、北には満々と水を湛えた池を抱いた黒い山、そしてその四つの山の真ん中に一際高く聳え立つ砂塵吹く黄色い山があった。
 其々の山が其々の地にいつ現れ、いつその形を成したのか、知る者はいない。しかし、其々の山には今に伝わる一筋の物語がある。

広告を非表示にする