読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまりの子

Child In The Sun

無何有郷

メタンガスの臭気の中、黄色く曇った空。一面、海よりの光で妙に明るい。ぽつぽつと降り出した雨に、女はバーゲンディの傘を差す。雨は次第に激しくなり、募る風に傘の骨は軋み、折れ、女は諦めて傘を閉じる。忽ち染み透る雫に、黒いコートは鉛となって女の…

雪乞い

今、私はある街跡に立っている。今では、この街に住む者は誰もいない。 その年、この街には冬になっても雪が降らなかった。ただ冷たい風がびょうびょうと吹きつけるばかり。天を見上げる者は数知れず。だが、そこには濃藍の空が広がるばかり。空を覆う大気は…

湖水

秋色の深い空気の向こうに湖が見える。まるで絵葉書の一片のような景色。淡い茶色の草葉が君の膝下で揺れる。四方の山から吹き下りてくる風が辺りの風景を絶えずさざめかせている。 この湖の水はひどく透明だ。数十メートル下、数百メートルしたまではっきり…