読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまりの子

Child In The Sun

山とどろく咆哮が聞こえ
私は目を覚ます
虎がやってきた

月日を見失うほど遠い昔
虎は私を殺して食べた
湖に浮かぶ月影だった私を

殺されること
食われること
そこに恐怖はなかった
夜に聞こえる千万(ちま)の声のひとつになること
季節のめぐりにさざめく魂のひとつになること
私は此岸を離れた

星流れ落ちる山影に
虎はいる

すべやかな金色の毛皮
闇を取りこんだ青い瞳
幾多の鳥獣を牙にかけ
臓腑を引き裂いた爪研いで
虎はますます美しい

虎は水面をのぞきこむ
泡立つ波間に三日月は細すぎて
星のまたたきのよう

風も雨もなく
湖が鏡のように凪ぎわたったあの夜
虎は私を殺して食べた

あの夜
月影の私は
月そのもののよう
輝き
虎よりも美しかった

広告を非表示にする